日産 オールド・ダットサン展示イベントを開催

オールド・ダットサン展示イベント

日産グローバル本社ギャラリーでは、2016年6月1日から8月1日まで、「オールド ダットサン展示イベント」を開催している。

日産は初期のダットサン車を日産のDNAの一つとして大切に考えており、近年は所蔵するダットサン車を戦後に改造された状態から、オリジナルの状態に戻す活動を進めている。

今回は展示されたパネルとグッズ展示を紹介する。

オールド・ダットサンの世界

オールド・ダットサン展示イベント

ダットサンの誕生

1911年、日本初の自動車メーカーと呼ばれる「快進社自動車工場」は、初めての純国産自動車を開発し、1914年これを「DAT自動車(別名・脱兎号)」と名付けた。
1930年代初め、「ダット自動車製造」となっていた同社は、DAT自動車と別に日本の道路事情にあったコンパクトカーを開発する。
これがのちに「ダットサン」と呼ばれるクルマである。
最初のダットサン車は1932年に発売された。

オールド・ダットサン展示イベント

オールド・ダットサンのマーケティング活動

女性のダットサンファンを拡大する役割を担う女性「ダットサン・デモンストレーター」を一般公募し、街中でダットサン車の使い方を紹介した。
このデモンストレーターの役割は、現在の「ミス・フェアレディ」につながっている。

オールド・ダットサン展示イベント

オールド・ダットサン展示イベント

ダットサングッズの展示

オールド・ダットサン展示イベント

ダットサン14型カタログ 1935年

オールド・ダットサン展示イベント

フードマスコット(復元)1937年と1935年型ダットサン小型自動車取扱法

オールド・ダットサン展示イベント

ダットサン12型のキャブレター

オールド・ダットサン展示イベント

Follow me!