日産 プリンス グロリア優勝車を展示

プリンス グロリア スーパー6

「日産・プリンス合併50周年特別展示」が、日産グローバル本社ギャラリーで2016年8月2日から2017年1月31日まで開催されている。

このイベントではプリンス車だけでなく、日産とプリンスの合併後に日産で継承されたクルマや両社の技術・文化の融合を象徴するクルマが展示される。
第2回日本グランプリでクラス優勝したグロリアが、日産グローバル本社ギャラリーで2016年10月1日から10月16日まで展示された。

プリンス グロリア スーパー6(1964年・S41D型)

プリンス グロリア スーパー6

1959年(昭和34年)にデビューした初代グロリア(BLSI型)は、初代スカイライン(ALSI型)とボディを共用した兄弟車だった。
グロリアは1962年(昭和37年)9月のフルモデルチェンジで2代目(S40型)に移行する。

プリンス グロリア スーパー6

1963年(昭和38年)には2,000㏄クラスとして国産初の6気筒SOHCエンジンを搭載した「スーパー6」を追加。
G7エンジンは国産初となる100馬力オーバーとなる105馬力を発生した。

プリンス グロリア スーパー6

1964年(昭和39年)の第2回日本グランプリ・T-Ⅳレースでは39号車(大石秀夫選手)が1位、38号車(杉田幸朗選手)が2位とワンツーフィニッシュを決めた。
展示車は優勝した39号車の実車である。

プリンス グロリア スーパー6

ヘリテージコレクションNo.031
全長:4,650㎜
全幅:1,695㎜
全高:1,480㎜
ホイールベース:2,680㎜
トレッド(前/後):1,380㎜/1,400㎜
車両重量:1,200㎏~1,280㎏
サスペンション(前/後):ダブルウィッシュボーン/ド・ディオン・アクスル
ブレーキ(前後共):ドラム
タイア:5.50L-13(R6)

エンジン主要諸元

エンジン型式:GR7A(直列6気筒・OHC)
総排気量:1,988㏄
最高出力:103kW(140ps)/6,800rpm
最大トルク:167N・m(17.0kgm)/5,000rpm

Follow me!