日産 ケンメリGT-Rと切手セットを展示

スカイライン 2000GT-R

日産グローバル本社ギャラリーでは、2016年3月1日から3月31日まで、4代目スカイライン通称「ケンとメリーのスカイライン(ケンメリ)」のGT-Rを展示している。

この展示は2016年3月18日に日本郵便から発売された「名車コレクションフレーム切手セット」の発売に合わせたもの。

スカイライン 2000GT-R(1973年・KPGC110型)

スカイライン 2000GT-R

4代目スカイラインに設定されたGT-Rは、前型のスカイラインGT-R(通称ハコスカGT-R)よりボディが大型化されたことから、ツーリングカーレースでの戦闘力が低下。
そのため、開発当初よりレース参戦の計画はなかった。

スカイライン 2000GT-R

1973年(昭和48年)1月に発売されたが、わずか4か月・197台で販売終了となったため、幻のGT-Rと呼ばれている。

スカイライン 2000GT-R

通常のスカイラインとは異なるメッシュタイプのフロントグリルやワイドタイアを収めるためのオーバーフェンダー、当時としては異例のリアスポイラーを装備していた。

スカイライン 2000GT-R

メカニズム面では吸気エアダクトの装備やブレーキの4輪ディスク化が行われていた。

スカイライン 2000GT-R
スカイライン 2000GT-R

2016年3月18日に日本郵便から発売された「名車コレクションフレーム切手セット」も展示された。

スカイライン 2000GT-R

ヘリテージコレクションNo.068
全長:4,460㎜
全幅:1,695㎜
全高:1,380㎜
ホイールベース:2,610㎜
トレッド(前/後):1,395㎜/1,375㎜
車両重量:1,145㎏以上
サスペンション(前/後):ストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ(前後共):ディスク
タイア(前後共):175-HR14

エンジン主要諸元

エンジン型式:S20(直列6気筒・DOHC)
総排気量:1,989㏄
最高出力:118kW(160ps)以上/7,000rpm
最大トルク:177N・m(18.0kgm)以上/5,600rpm

Follow me!