日産セレナが2016年8月24日に5代目・C27型にモデルチェンジし、発売された。
日産グローバル本社ギャラリーでは、新型セレナ展示イベントを2016年8月24日から11月1日まで開催している。

スポンサードリンク

セレナ(C27型)のシート

室内長3,240㎜はクラス最長。
ちなみに先代セレナは3,060㎜、ライバルのホンダ「ステップワゴン」は3,220㎜、トヨタ「ノア・ヴォクシー・エスクァイア」は2,970㎜である。

室内幅1,545㎜もクラス最大で、先代セレナの1,480㎜、ホンダ「ステップワゴン」1,500㎜、トヨタ「ノア・ヴォクシー・エスクァイア」1,540㎜を上回る。

日産セレナ シート

3列目シートの座面高を20㎜アップしたのに加え、1列目と2列目のシートに穴あきヘッドレストを採用したため、3列目シートからの解放感がアップしている。

日産セレナ シート

2列目シートのシートベルトをシートに内蔵したため、3列目シートへの乗り降りが楽になっている。
なおこの写真は、2列目中央席の「スマートマルチセンターシート」を使用して2列目を3人掛けとした状態。

日産セレナ シート

2列目中央席の「スマートマルチセンターシート」を運転席と助手席の間に移動し、2列目シートを横方向にスライドさせると220㎜の幅の通路が確保でき、2列目を2人掛けとできる。
先代セレナの190㎜より通路が広くなっている。

日産セレナ シート

2列目シートにチャイルドシートを取り付けて、一番前までスライドさせると子育てママにうれしい「ベビーケアーモード」になる。

日産セレナ シート

3列目シートには、中央席にもヘッドレストが装備される。
中央席ヘッドレストは、使わない時はラゲッジルーム右側の専用スペースに収納可能となっている。

日産セレナ シート

シートスライド機構を充実させた結果、2列目シート足元はレールだらけとなっている。

日産セレナ シート

スポンサードリンク