日産 スカイウェイを展示

プリンス スカイウェイ

「日産・プリンス合併50周年特別展示」が、日産グローバル本社ギャラリーで2016年8月2日から2017年1月31日まで開催されている。

初代スカイラインをベースとした商用車「スカイウェイ」が2016年8月24日から9月11日まで展示された。

プリンス スカイウェイ(1960年・ALVG-2型)

プリンス スカイウェイ

1959年(昭和34年)に誕生したスカイウェイは、初代スカイラインの高級コマーシャルカー(商用車)として設定されていたモデル。

プリンス スカイウェイ

スカイラインから10psアップされて70psとなったエンジンや、ド・ディオン式リアサスペンションなどの基本メカニズムはスカイラインセダンと共通で、商用車でありながらフルシンクロ4速トランスミッションやチューブレスタイアを採用するなどの先進性が話題となった。

スカイウェイには2ドアの他、左後側にもドアを設けたバンとトラックがあった。

プリンス スカイウェイ

ヘリテージコレクションNo.023
全長:4,420㎜
全幅:1,680㎜
全高:1,590㎜
ホイールベース:2,535㎜
トレッド(前/後):1,340㎜/1,380㎜
車両重量:1,410㎏
サスペンション(前/後):ダブルウィッシュボーン/ド・ディオンアクスル
ブレーキ(前後共):ドラム
タイア:5.90-15-4P

エンジン主要諸元

エンジン型式:GA4(直列4気筒・OHV)
総排気量:1,484㏄
最高出力:51kW(70ps)/4,800rpm
最大トルク:113N・m(11.5kgm)/3,600rpm

プリンス スカイウェイ

Follow me!