「日産・プリンス合併50周年特別展示」が、日産グローバル本社ギャラリーで2016年8月2日から2017年1月31日まで開催されている。

たま電気自動車が、2016年8月2日から8月23日まで展示された。

スポンサードリンク

「たま」で始まったクルマづくり

たま電気自動車

1945年、軍用機を作っていた立川飛行機は、GHQから航空機製造禁止の命令を受けて、平和産業である自動車で再スタートを切った。

しかし当時はガソリンが市場に出回っておらず、一方で電力が余剰だったため政府は新興自動車メーカーに電気自動車の製造を推奨し、立川飛行機は「東京電気自動車」として自動車メーカーを始める。

1947年8月、所在地の多摩地区から「たま」と命名された最初の製品が発売される。
1950年までに1,100台を販売するヒット商品となり、タクシーやトラックとして日本の戦後復興に貢献した。

たま電気自動車(1947年・E4S-47Ⅰ型)

たま電気自動車

型式名E4S-47ⅠのEは電気、4Sは4ドアセダン、47は年式、Ⅰは初期型を意味する。

たま電気自動車

展示車は2010年、電気自動車「リーフ」の誕生に合わせてレストアされ、走行可能な状態である。

バッテリーはホイールベース中央部の床下に設置される。
現在の電気自動車「リーフ」と同じ配置をこの時代にすでに採用していた。

たま電気自動車

ヘリテージコレクションNo.009
全長:3,035㎜
全幅:1,230㎜
全高:1,618㎜
ホイールベース:2,000㎜
トレッド(前/後):1,045㎜/1,045mm
車両重量:1,100㎏
サスペンション:リーフ・リジッド(前後共)
ブレーキ:ロッド式ドラム(前後共)
タイア:4.00-14(前後共)

モーター主要諸元

モーター型式:直流直巻モーター
最高出力:定格3.3kW(4.5ps)
1充電走行距離:65㎞
主電池(容量):鉛電池(40v/162Ah)
最高速度(経済速度):35km/h(28km/h)

たま電気自動車

スポンサードリンク