日産自動車は2016年9月29日、パリモーターショーでインフィニティの新エンジンを世界初公開した。

新エンジンは「VC-T」という可変圧縮比技術を搭載し、高性能2リッターガソリンターボエンジンのパワーとディーゼルエンジンの特長である高いトルクと効率性を併せ持つ、これまでにない最先端のエンジンとなった。

スポンサードリンク

世界初の量産型可変圧縮比エンジン

vc-tエンジン

世界初の量産型可変圧縮比エンジン「VC-T」は、走行状況やドライバーの運転に合わせてピストンの上死点の位置を連続的に上下させ、最適な圧縮比に変化する。
圧縮比は性能重視の8:1から効率重視の14:1の間で自在に変化させることができる。

4気筒2リッターターボで、最高出力272ps、最大トルク390Nmを発生するこのエンジンは、6気筒エンジン並みのパフォーマンスとそれ以上の効率を実現したという。

vc-tエンジン

また、2016年北京モーターショーで世界初公開したコンセプトカー「QXスポーツインスピレーション」も出品。
同車はインフィニティの次世代型中型プレミアムSUVのビジョンを示唆している。

インフィニティQXスポーツインスピレーション
インフィニティQXスポーツインスピレーション

スポンサードリンク